08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

織田信ニャリ再び見参!!

2012.09.30 (Sun)

昨季ケガのため、シーズン途中で脱落を余儀なくされた織田信成選手が、先日のネーベルホルン杯で優勝を果たし、復活をアピールしました。

SP


曲はマイケル・ケイメンの「The New Moon in the Old Moon's Arm」だそうです。私はこの曲を知りませんが、「エデンの東」を想起させる雄大な曲調がステキ。

4Tは惜しくも転倒ですが、気持ちの良いニャンコ着氷は健在!ケガの影響もないように思えます。スケーティングも巧くなったように感じますが、昨季の不調のイメージが強いので余計にそう思うのかもしれません。氷上をヌル~っとというかツル~っ文字通り滑走する様が、見る者に大きな期待を抱かせます。

全体的にはちょっとまだブツ切り感というか、ギコチない感じがありますが、復帰初戦でこれなら十分じゃないでしょうか。

ひとつだけケチをつけるなら…。…殿…っ、あのおべべは何とかならないものでござるか…。

FS


こちらはデュカスの「魔法使いの弟子」とラヴェルの「ダフニスとクロエ」から。これはこれでいい感じに仕上がってます。殿のキャラにも合ってる感じ。

冒頭4Tは着氷が若干乱れはしましたが、転倒は免れました。その他のジャンプも万全とは言えないまでもそこそこまとめてきたなって感じでしょうか。3LP(タノ付)が綺麗に決まったのが印象的でした。

今季から導入されたコレオグラフィックシークエンスってのが、いったいどこに当たるのかがさっぱりわかりませんけど、全体的には垂直水平によく動けていたように見えました。スピンがちょっとだけ怪しいかな。

こちらのご装束はお似合いでござるよ。



正直昨年は羽生選手の躍進、今年は町田選手や無良選手への期待もあり、殿の存在はこのまま薄れていくのではないかとも感じていました。

しかしこの調子で滑り込んでいけば今年の日本男子は面白いことになるのではないかと、今からワクテカしています。

優勝おめでとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

01:00  |   2012~2013-競技会-
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。