10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

グランプリシリーズ第6戦-エリックボンパール杯TV観戦記5-

2010.11.30 (Tue)

先ほど女子FPのBS放送が終わりました。


地上波は日曜に放送されてましたが、途中で某県知事選挙の結果速報テロップが入り、非常に残念でした。


社会人としてはこういう社会の動きにも敏感でなければならないと理解しておりますが、本音を申せば「地震やら津波やらの緊急事態やないんやったら、今でなくても後でもええやん!」てとこですね。すみません○県の皆様。


とか思ってたらNHKの大河ドラマで同じことがあったらしく苦情が殺到したとか(→コチラ)。みなさん暗殺シーンのほうが大事なんやね。日本って平和。


さて女子FPの結果ですね。


結果は→コチラ
プロトコルは→コチラ


◆浅田真央選手

MAOASADATEBFP2.jpg

3Aは2本ともすっぽ抜けの1Aに。コンビネーションにするなら2A-3Tにすれば加点がついたかもしれませんが、どうやらその気もなさそうです(笑)。3Lzは<<が刺さったダウングレードにお約束のeエラー。コンビネーションではうまくいった3Fも単独では1Fに。ただし3Lpは盤石、3Sもちゃんと加点がもらえました。


このようにジャンプはまだまだ厳しい状況が続いていても、スピンはレベル3~4を取れていますし、コレオスパイラルの完成度も抜群でした。ステップもレベル3は確保できています。見た感じもカチカチだったNHK杯より全身よく動いていたと思います。


そんなこんなでTESはNHK杯(32.23)よりも10点近く伸ばしての41.70。


PCSは偶然なのかなんなのか、トータル的にはNHK杯とまったく同じ56.22。転倒がなかっただけではなく、演技中の表情や手先足先のさばき方すべてにおいて今回のほうがずっとよかったように見えたんですが、各構成で差があるのでこれは何とも言えません。


とにかく本人的にはまったく納得はいってなくても、傍から見ればJOよりはNHK杯、NHK杯よりはTEBと徐々によくなってますね。


成績もSP7位から5位に浮上したというのに、マスコミの扱いは「沈んだ」だの「スランプ」だの「顔ひきつる真央」だのネガティブキャンペーンですか?って感じの論調ばかりでウンザリです。あと重箱の隅をつつかせて頂きますがキーラ・コプリって誰やねん、スポニチアネックス


ちゃんと取材してりゃ優勝した選手の名前を間違えることなんてありません。失礼にもほどがあります。記事全体を見ても、こりゃネットで結果だけ見て記事書いたな、と思わせるに十分な内容の薄い三文記事ですね。やる気がないならフィギュアの記事なんて掲載しなけりゃいいのに。よくこれでプロとしての給料もらってるなと感心しました。

浅田真央は5位…長洲未来が初の表彰台に

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、フランス杯最終日は27日、パリで行われ、女子でSPで7位と出遅れた浅田真央(中京大)はフリーでも得点を伸ばせず、97・92点、合計148・02点で5位に終わった。この日は転倒こそなかったが、ジャンプが抜ける場面が見られた。

 SP3位と好位置につけた今井遥(東京・日本橋女学館高)は、87・09点、合計145・47点で6位。同5位の村主章枝(陽進堂)は87・42点、合計138・18点で8位に終わった。

 優勝はSP首位のキーラ・コプリ(フィンランド)で169・74点、長洲未来(米国)が167・79点で2位となり、GPシリーズ初の表彰台となった。



私が見た中では唯一時事通信が「(ジャンプを)徹底的に直すために、少し長めの準備期間をもらったと思えばいい」というポジティブな記事を書いてくれてました。


ところで同じことを繰り返して恐縮ですが、今季の浅田選手、明らかに美しくなってますよね?体を絞ったせいもあると思いますが、全身に一切の無駄がない肉体とはかように凄絶な美を宿すのか、と彫刻を見るような気持ちになってしまいます。これはちょっと神がかった美しさです。美女の誉れ高いコルピ選手が平凡に見えてしまうのは私の脳内受像機がおかしいからでしょうか(笑)?

MAOASADATEBFP1.jpg

まあファイナルに出られないことは選手としてはもちろん悔しいことですし、私たちにしても次の全日本まで浅田選手が見られないのは淋しい限りですが、ここはもう割り切って年末までの一か月を調整に費やしてほしいと思います。


お疲れ様でした。全日本では、さらに一歩進んだ演技を楽しみにしています。
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

00:01  |   2010~2011-グランプリシリーズ-
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。