09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

空しき空色の空席に思う。

2010.10.26 (Tue)

さてNHK杯から1日経ち、コーフンも冷めたところで書ききれなかった細かいところを、いくつかに分けて補足エントリーしようと思います。

それから既にエントリーした記事についても、若干補足したいところがありましたので、その部分のみを移動させて以下の記事といたしました。

【10/23の記事から移動】


(中略)中継で客席を見ると、やっぱり空席がチラホラ見える。1席2席なら中座してるのかなとか急用で来れなかったのかなと思うけど、5~6席まとめて空いてるところがいくつかある。チケットはソールドアウトじゃないの?

招待席は1階の特等ブロックでしょうから2階であれだけ空いてるってことの正当な理由が思い当たりません。

もしかして・・・高額転売を狙って買い占めたバカ業者や個人が値段を釣上げた結果、結局売れ残って紙くずと化した・・・なんてことはないですよね???

NHK杯チケット秒殺組としては、なんだか非常に気分が悪いです。



↑の赤字の記述について、読者の方から情報を頂きました。この場を借りて改めてお礼申し上げます。

フィギュアの入場券、30万円で転売…3人逮捕
 
浅田真央選手(20)らが出場するフィギュアスケートのNHK杯(22~24日、名古屋市)のチケットなどを転売目的で購入したとして、警視庁は22日、東京都大田区南蒲田3、無職新納学容疑者(45)ら3人を都迷惑防止条例違反(ダフ屋行為)の疑いで逮捕したと発表した。


 逮捕は16日。新納容疑者は2万4000円で入手したNHK杯チケット2枚を、インターネットのオークションで30万2000円で転売していたという。

 発表によると、新納容疑者らは7~8月、都内のチケット売り場にホームレスを並ばせ、転売目的で、NHK杯や人気ミュージシャンのコンサートなどのチケット計8枚を購入した疑い。

(2010年10月22日13時19分 読売新聞)



・・・やっぱりね。

これは氷山の一角。発売後数分でソールドアウトのはずなのに、ぽつぽつと横たわるあの青い空席の列。ブロックで空いてるところまでありますね。どうやらこれは↑のようなゴキブリの大量発生を物語っているようです。

空席4

つまり、バカどもが高額転売を目論み大量に買いつけたはいいが、異常な高額をつけたためか捌ききれず、結局何十枚ものチケットが紙くずとなったのであろうということです。


私もチケット完売後、好奇心から某オークションサイトを覗いて見ましたが、ペアシートで10万円などという値段がついており呆れてものが言えませんでした。↑の記事では30万という冗談のような値段をつけていたということなので、ペアで10万円くらいなら買った人もいるのかもしれません。


フィギュアに限らず人気興業ではこういう悪徳業者・個人は必ず現れます。友人が熱狂する某アーチストのチケットも毎回高額で落札されるとのこと。


どうしても買いたいというファン気持ちは痛いほどわかります。たまたま仕事で行けなくなった人が、返金不可の1万円以上するチケットを捨てるくらいなら・・・と思う気持ちもわかります。お互いの利害が一致するなら個人間でやり取りすることはある程度許容されてしかるべきでしょう。


そこを都合よく拡大解釈し、それなら買い占めて値段を釣上げてやろういう輩が湧いてくるということも、自由経済下にあっては自然の成り行きかもしれません。


しかし、こういう現実を目の当たりにするにつけ、高額落札するという行為がダフ屋を増長させ、結果的にあのような虚しい空席の列を生み出すことにつながるのだ、ということ改めて痛感しますね。某オークションサイトの出品者履歴を見ると、個人を装っていても、それで利益を得ていると思しき人も見かけます。

空席1

厳密には個人間での売買は違法でないのかもしれませんが、転売目的の購入と見做されれば摘発を受ける場合もあるようです。個人の売買とダフ屋行為の境界をどう判断するかは難しいところですが、↑のような明らかに悪質なケースはどんどん取り締まってほしいと思います。


個人的に今回の件に関しては、正規チケットの販売方法にも問題があったと思いますし、売りっぱなしの姿勢にも疑問を感じます。ネットがここまで普及したのですから、主催者側も購入者の特定や入場チェックの厳密化(一部では導入されているようですが)、電子チケットの普及など、何がしかの対応策を講じる時期に来ているのではないでしょうか。


とはいえ何をやっても抜け道というものは存在するので、これは法整備なども含め、簡単に解決する問題ではなさそうですね。


ああ、もしかしたら自分もあの空席のどこかに座って、大好きなあの選手に声援を送れてたかもしれないのに・・・と思った人も多かったのではないでしょうか。

 

スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

01:06  |   2010~2011-グランプリシリーズ-
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。