09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

世界フィギュアスケート選手権 2011女子-結果のみ-

2011.04.30 (Sat)

安藤選手、優勝おめでとうございます!!

よかった。本当によかった。



そして浅田選手、よく頑張ってくれました。あなたの努力と苦悩は近い将来必ず報われます。ありがとう。ありがとう。


村上選手。初出場でプレッシャーがある中、健闘してくれました。お疲れ様でした。


そしてISUと銀メダリストには心の底からこの言葉を。






恥を知れ。
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

22:38  |   2010~2011-世界フィギュア

世界フィギュアスケート選手権 2011女子

2011.04.30 (Sat)

昨日の結果を受け、今回の女子SP感想記事のエントリーを断念することといたしました。

「世界フィギュア」「採点」「おかしい」「不可解」等のワードで検索して来て下さった方が大勢いらっしゃるようで、それだけで昨日の結果に対する皆様の気持ちが見て取れます。

大好きなフィギュアスケートが、たった一人の選手の出現によってどんどん堕ちていくさまを目の当たりにし、やりきれない思いでいっぱいです。

本日のフリーもちゃんと観戦はするつもりですが、感想記事のエントリーができるかどうかわかりません。

気持ちを立て直すまで、今しばらく時間が必要です。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

22:17  |   2010~2011-世界フィギュア

世界フィギュアスケート選手権 2011 TV観戦 男子FS3 -J-Sports-

2011.04.30 (Sat)

長いので分割しました。地上波放送も済んだので解禁にします。

2011WORLDMFS7.jpg

銀メダルおめでとう!!!小塚崇彦選手!!!


高橋大輔選手もお疲れ様でした。


総合5位で台落ちは残念ですが、アクシデントで大変な中、日本代表としてよく頑張ってくれました。


織田信成選手…お疲れ…はあ…

<追記:リザルトが出ました→コチラ・プロトコル→コチラ



小塚崇彦選手
2011WORLDMFS6.jpg

ノーミス!パーフェクト!どうしよう、涙止まらない…。解説の杉田さん、もしかして泣いてる?佐藤コーチと久美子コーチもモロ並のガッツポーズ(笑)。いい写真です。

2011WORLDMFS1.jpg

メダルは確定!!!!


高橋大輔選手
2011WORLDMFS2.jpg

冒頭のクワドで失敗か…と思ったら、なんとまさかのシューズトラブル。踵のネジが外れたようです。

ganbare!

必死で修理にとりくむチーム高橋の氏の渡部トレーナー。

waraunahage2

選手が思わぬアクシデントに見舞われ、会場が息を呑んで事態を見つめる中、組織の長であるチンクワンタ氏は、渡部トレーナーのマネをしてヘラヘラと笑っています。一体どういう神経をしているのでしょうか。不謹慎にもほどがあります。

waraunahage

カメラに抜かれていることに気づきます。一瞬呆然。

waraunahage3

そして慌ててニヤケた笑顔を消し、憮然とした表情にしますが後の祭り。

utakosensei

心配そうな歌子先生。それにしてもケガがなくってよかった。私も思わず絶叫してしまいました。お隣さんに通報されたかもしれません。

とにかく何とか応急処置ができて4T後から再開。名前も再度コールしてもらいました。しかしサルコウで転倒して-1、結果台落ちは決定してしまいました。悲壮感がなかったのが救いです。

後から知った話ですが、チーム高橋は前日にもきちんとメンテナンスは怠らず万全の準備を整えていたそうです。しかしトウをついた瞬間100kg以上力がかかるジャンプで、ビス(ネジ)が耐え切れずに飛び出してしまったとのこと。

そういえば4大陸だったかペアSPで、男性の踵そのものが外れてしまうというアクシデントがありました。結局修理は間に合わなかったので、他の選手からシューズを借りてその後演技を再開していました。

いくら気を付けていてもこういうことはあります。起きてしまったことは起きてしまったこととして、その後どのような演技をするか、それがアスリートの矜持にかかっていると思うのですが、再開後の高橋選手の演技は気魄のこもったいい素晴らしいパフォーマンスだったと思います。

来季も続けるという話をチラっと聞きましたので、来季以降の高橋選手に期待したいと思います。


殿

まさかのクワド回避??2位狙いでしょうか。それともよっぽど調子が悪く、咄嗟の判断でやめちゃったってこと?…でもって3Aから…

ま・た・や・っ・た・ー・!!!

冒頭3T-3Tの後、また3Aに3Tつけてしまったので必然的にこのコンボ自体がノーカンに。殿、殿には学習能力ないんでござるか?って数か月前にも同じフレーズを書いた記憶が。もう、一体何回おんなじミスやれば気が済むの?えー加減にせえって!!!

nigamushi

リプレイ時のチームリーダー吉岡氏の「はあ、まただよ」的な苦笑いが悲しくも印象的でした。バーケルコーチもやってられないだろうなあ…。

聞いたところ、彼はこのコンボ飛びすぎは通算9回めだそうです。世界選手権だけでも4回目だそうです。

もうここまでくれば、うっかりとか慌ててといった言い訳は通用しません。無邪気で人の好さそうな彼のことは、決して嫌いではありません。しかしここまで同じミスを何度も繰り返されると、ファンもいい加減呆れを通り越して怒りすら感じてしまいます。

ここまで何度もやらかしてしまっているのに、何故周囲は対策を練らないのでしょうか?冒頭を失敗したら3Aの後は2Tに、などといつくかのパターンを用意しておけば本番になって頭が真っ白になることもないのでは?と素人ながらに思ってしまうのですが…。

タラレバを言っても仕方ありませんが、3T-3Tになった時点で次のコンボを3A-2Tにしておけば、失った3A-3Tの12.6の代わりに3A-2Tの9.9がプラス。

そうなればトータル242.4となり、241.86で3位のガチンスキー選手より0.54差で勝てたはずなのです。さらに彼のジャンプの質からして、加点が1~2はついていた可能性もありました。

2011WORLDMFS4.jpg

またもや彼は自らの手で勝利を逃してしまった。インタビューでしょぼくれる彼に、正直もう同情の念は湧きませんでした。

こんなことなら、羽生選手を出したほうがよかったかも…とすら思ってしまいました。せっかく父となったのですから、息子のためにもいい加減猛省してほしいです。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

22:16  |   2010~2011-世界フィギュア

世界フィギュアスケート選手権 2011 TV観戦 男子FS2 -J-Sports-

2011.04.30 (Sat)

◆ジュベール選手

衣装をブルーに新調。もはやメダル争いは望めず、SPでの出遅れをどこまで巻き返せるかという所がポイントに。冒頭4回転は完璧でした。大きなミスなく滑り切りましたが、いつものオレ様オーラがあまり感じられず、最後はなんか音楽が余っちゃった感じです。ブレードでどうやら手を切ってしまったらしく、左手が血で赤く染まってました。

疲れちゃったのかな…なんか寂しいです、ジュベ…。156.38でSBは更新。まさか今季で引退なんてないですよね?ちょっと心配になってきました。

◆アモディオ選手

あれ?これってボーカル?じゃないの?でもプロトコルでも減点されてない…なぜ?ボーカルじゃないってこと?わかりません。

ちょっとしたすっぽ抜けはありましたが、まあうまくまとめた感じです。でもスケーティングの内容からしてコヅにはまだまだ及びません。とはいえ152.04という予想外の低得点で総合7位と低迷してしまいました。

このボーカル入り曲に関しては、ネット情報ですが、最初から確信犯だったようです。日本へのプレゼントらしいです。お気持ちは嬉しいのですが(笑)、私はなぜこれがルールに抵触しないのか(減点されないのか)がわかりません。一説によればジャッジの多数決で減点するかどうかを決めるという話です。

アモディオ君は好きなキャラなんで厳罰を望むとかそういった気持ちではありませんが、ルールではボーカル(意味のある歌詞)入りは認められていないはずです。

ただのコーラス(ア~とかラララ~など)なら認められるのは知っていますが、アモディオ選手が使ったあの曲は誰がどう聞いても意味のある歌詞のボーカルが入っています。これがルールに反していることは一目(一耳?)瞭然。なのに減点対象とならないのでは、ルールの意味がないのではないでしょうか?

あれが許されるのであれば、次回から「じゃボクも」「私も」となり、そこで減点されれば「アモディオはよくてなんで自分はダメなんだ?」となるでしょうし、すべて認めていれば他のルールもそのうち蔑ろにされかねません。

これはハッキリ言ってジャッジの怠慢です。自ら作り上げたルールをアモディオ選手は守らなかったのに、それを放置するという前例を作ってしまった。これはジャッジの罪が大きいです。

モロゾフはそんな計算のできないコーチではありません。何かしらの勝算があってアモディオにこのプロを滑らせたのでしょうが、私たち一般の素人にはその真意がまったくわかりません。フィギュア採点の現状に(恐らく)不満も多いであろうモロゾフが、何か一石を投じてくれたのかもしれないとも思いますが、これが何かの意味があるのかどうか、結局わからないまま終わってしまったのが残念です。

◆ベルネル選手

4T転倒。一時4回転を封印してたんですが、どうもジャンプが安定しませんね。スランプなんでしょうか。来季に期待しましょう。

◆ブレジナ選手

しまった。洗濯物取りに行って途中まで見逃した~。転倒二つあったようでそれが痛かったけど156.11という高得点。成功ジャンプのGOEがよかったのでしょう。あとでゆっくり見てみます。

◆P

最終Gトップはこの方。3Aのステッピングアウトで若干のミスはあったものの、技術的な安定感は抜群でした。SPでこんだけ差が出てりゃプレッシャーもなく気持ちよく滑れたでしょう。五輪の女子の気持ちがよく理解できたんじゃないでしょうか。

演技がつまらないとか、教則本見てるみたい、とか言ったところでもう結果は結果。280.98で優勝はこの時点で確実でしょう。

杉田氏の「まあこの後も見てみないと」的コメントが虚しいったら。

PCSでまたしても10点を2つつけたジャッジが二人います。1コでもミスがあった時点でスケーティングは完璧じゃないでしょうに…。この大会でもやっぱりPCSは不可解です。ますます女子の採点が怖くなってきました。

◆ブラッドリー選手

ハープシコードの音色が悲しいほどに似合いません(笑)。しかしヒゲづら、ガチムチのガタイでクネクネと踊姿が愛らしく見えてくるのが不思議です(笑)。しかしジャンプはパワーで押切り素に戻ります。この方はショー向きですので、いつかまたアイスショーで日本に来てほしいですね。

◆デニス・テン選手

不調を脱したかと思っていたんですが、3Aが2本とも失敗。しかし印象的な新プロで頑張ったと思います。最後のステップも盛り上がったし、来季もこのプロ持ってきてほしいです。

◆ガチンスキー選手

殿ザヤでビックリしすぎて演技見逃した…。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

22:15  |   2010~2011-世界フィギュア

世界フィギュアスケート選手権 2011 TV観戦 男子FS -J-Sports-

2011.04.28 (Thu)

結果が見えてしまった大会で、観戦の楽しみも一気に半減。それでも頑張ってる選手たちを少しでも応援しようと急いで帰宅しました。

以下随時更新。ネタばれ満載ですのでCSを見ておられない方は要注意です。




ハイビジョンの高画質が嬉しいです。今日の解説は杉田のおいちゃん。昨年のトリノに比べればカメラワークもなかなかグウです。プーチンさんの意気込み?が感じられます。

◆チャッキー選手

ソーヤ辞退で繰り上げ出場。残念ながら4Sも4Tも転倒。3Aも失敗。彼の片手を上げて回るスピン(ツイズルかな?)はランビエールっぽくて好きです。後半は何とか気分を立て直して頑張りました。

◆ラッセル選手

なんかまた濃いお顔ですね…。ファヌフ選手の兄弟?って感じの顔立ち。すんごいM型のおデコです。カナダはPと他二人の差が大きいです。転倒二つで6人中最下位。イマイチ冴えませんでした。

6分間練習。○の枢軸?チンクアンタ氏紹介。空席やっぱり目立ちますね。

◆フェルナンデス選手

すっかりお馴染みのパイレーツオブカリビアン。ちょっとランディングで乱れたけど、2種類のクワド成功。本当に一杯やってきたんじゃねーかと思うほどの千鳥足ステップも好調でした。転倒一つと最後のバテ感が残念でした。

◆KVDP

冒頭の4Tはきれいに決まりましたが、その後は停滞。転倒こそなかったものの、全体的に疲れた感じというか気が抜けちゃった感満載の残念な出来でした。本人も残念そうでした。

◆コバレフスキー選手

この曲「ゴッドファーザー」のサントラだと思ってたんですが、「パレルモ駅」というタイトルだったのをはじめて知りました。途中で銃声がしたり叫び声が入ったりしてエンターティナー性が高いプロですね。最後はお腹に当てた手を見つめて「なんじゃこりゃああ」(笑)。お手付きはありましたがジャンプは大きなミスはなく、本人も満足そうです。SB更新で締めくくれてよかったね~。

◆マイナー選手

いきなり片足ステップから入りました。初出場とは思えないほど落ち着いて手堅くまとめたいい演技だったと思います。インパクトがあまりないのがちょっとさみしい感じかな。

◆コンテスティ選手

去年から引き続いてのアンデス民謡調の曲。SPのときも思いましたが、全体的にスピード感があまり感じられないような。曲調のせいかな?あとジャンプでどうやらザヤってしまったようです。ヒゲコーチのアップが笑えました。

これから製氷に入り、その間ペアの録画を見せてくれるようです。

◇高橋・トラン組

ノーミスの素晴らしい演技でした!ツイスフトリフト(?ですよね?)が3回転になればいいなあ。

◇川口・スミルノフ組

すっかり地元でも受け入れられた感のある川口選手。惜しくもスミルノフが途中転倒するも大喝采の中で「2001年宇宙の旅」を滑り切りました。

◇パン・トン組

この人たちのピークはいつまで続くのかと思える円熟の境地の演技でした。ってオイ!得点教えてよ~!

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

18:48  |   2010~2011-世界フィギュア
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。