09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

浅田真央 Book for Charity

2011.05.11 (Wed)

モスクワの世界選手権が終わって一週間以上経ちますが、女子の感想エントリーがどうしても進みません。

いえ、書きたいことは山っほどあります。そりゃもう本一冊書けるくらい。

しかし、どれだけ選手の演技のみにフォーカスして感想を書いても、どうしても「そこ」に触れざるを得なくなる。一度「そこ」に触れるともうダメです。感情が煮えたぎって後から後から怒りが湧いてきて、何の記事書いてるんだかわかんなくなります。

そんな訳で、力強く美しかった安藤選手や極限の美を見せてくれた浅田選手についての記事のエントリーは、まだ少し先になりそうです。

とまあ、嫌な気分になる話題はここまでとして、ここから本題。

学研から浅田選手のチャリティ本が出版されることになったようです。

「浅田真央 Book for Charity」←クリックで学研の販売サイトにジャンプします。

(販売サイトより)
本書は、浅田真央さんと著者の吉田順さんの無償でのご協力を得て制作しております。
本書の販売によって得られた収益は、全額を日本赤十字社を通して、東北地方太平洋沖地震への義援金にいたします(義援金金額は、7月上旬頃このHP上で発表いたします)。

今回のチャリティ企画は、募金額を最大限にするために、書店販売ではなく、受注生産販売の形にいたしました。



【価格】
1,000円(税込み、送料込み)

【体裁(予定)】
四六判ハードカバー100ページ
(カラー4ページ、モノクロ96ページ)

【販売期間】
販売受付開始:5月10日(火)10時より
販売受付終了:5月31日(火)17時まで

【販売方法】
「ショップ.学研」にて
※書店、ネット書店ではご購入になれません。

●ご注文方法
◇インターネット
商品の注文は、ご利用者が「ショップ.学研」の画面より必要事項を入力する方法で行います。

◇専用フリーダイヤル (2011/5/10~5/31)
0120-656-537 : 学研通販受注センター (携帯電話・PHS 通話可能)
受付時間:全日9:30-17:30
※5月10日のみ10:00より。受付最終日5月31日は17:00まで。

●送料・手数料
◇送料
無料です。

◇手数料
お支払い方法で「代金引換」をご選択された場合、代引き手数料315円(税込)がお客様ご負担となります。


詳細は←のバナーをクリックするか販売サイト(コチラ)をご確認ください。

【商品お届け】
6月下旬頃に直接配送



送料込みでたった1,000円、しかも全額寄付されるならどんな内容でも(って失礼だなオイ)文句はありません。5/31までの期間限定予約だそうですので、浅田選手のファンの皆様、ご購入を検討してみては如何でしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

12:04  |   2010~2011-雑感-

2011年世界フィギュア再放送予定(BS・CS)

2011.05.11 (Wed)

何故か検索ワードで2番目に多いのと、直接お問い合わせいただくことがたま~にありますので、現時点でわかっている世界フィギュアの放送予定を整理しておきます。地上波の再放送情報は把握しておりません。

◆BSフジ◆コチラ

※男女シングルは放送済みです。

■05月14日(土) 【エキシビション、オープニングセレモニー】19:00~21:50
BSとしては初回放送となります。こちらは感動的だったオープニングセレモニーがノーカットで見られるようです。BS環境が整っている方は是非!

競技は残念ながらすでに放送済みなので、再放送をしてくれるのを待つしかないようです。



◆J-SPORTS◆コチラ

※ペアとアイスダンスのショートの初回は放送済みです。

Jスポの公式サイトでは「ハイビジョン番組の中には一部スタンダード番組をハイビジョンにアップコンバートした素材が含まれる場合があります」とありますので、ご自身のご加入条件でご確認ください。(ペア見た限りでは高画質に見えましたが…。)

■05月11日 (水) 16:30 - 19:00 アイスダンス フリー (初・録)

■05月11日 (水) 19:00 - 21:30 男子ショートプログラム (再)
■05月12日 (木) 17:00 - 21:30 男子フリー (再)

■05月14日 (土) 19:00 - 21:30 女子ショートプログラム (再)
■05月16日 (月) 17:00 - 21:30 女子フリー (再)

■05月21日 (土) 18:00 - 21:00 エキシビション (再)

以下の再放送はJ-スポーツ1(標準画質)の放送となります。加入条件により異なりますのでご自身でご確認ください。

■06月01日 (水) 08:00 - 10:00 ペア ショートプログラム (再)
■06月02日 (木) 08:00 - 10:30 ペア フリー (再)

■06月03日 (金) 08:00 - 10:00 アイスダンス ショート(再)
■06月04日 (土) 08:00 - 10:30 アイスダンス フリー(再)

■06月06日 (月) 10:30 - 13:00 男子ショートプログラム(再)
■06月06日 (月) 13:00 - 17:30 男子フリー(再)

■06月07日 (火) 11:00 - 13:30 女子ショートプログラム (再)
■06月07日 (火) 13:30 - 17:45 女子フリー (再)

■06月07日 (火) 22:00 - 25:00 エキシビション (再)



テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

01:22  |   2010~2011-雑感-

東日本大震災 愛知フィギュアスケート チャリティー演技会 現地観覧レポ

2011.05.08 (Sun)

昨日豊橋で開催された「東日本大震災 愛知フィギュアスケート チャリティー演技会」を観覧してきました。

新大阪からこだまと在来線を乗りつぎ、JR豊橋駅へ。「ぷらっとこだま」はドリンク付きで名古屋まで4200円と時間に余裕がある方にはお得です。残念ながら豊橋までの設定がないので在来線を乗継ぎ、豊橋駅からは臨時バスでアクアリーナ豊橋へ直行します。

CIMG5457.jpg

ご当地キャラ?のトヨッキー。豊の字を模しているそうです(笑)。

CIMG5461.jpg

15時開場なので14時50分には会場に到着したのですが、すでに周辺は長蛇の列。

CIMG5463.jpg

それでも比較的早く入場できたのですが、入場してすぐ「選手が募金活動をやっている」というアナウンスがありびっくり!!どうやら会場入り口から円周して360度向こうで選手たちが立っているモヨウ。しまった。クレープなんて食ってる場合じゃなかった。

チャリティ演技会募金
(ニュース画像)

既に入場していた観客たちの最後尾に並びましたが「選手の活動は3:30までとさせていただきます」とアナウンスが流れ、早々に諦めた列後方の方々がとっとと着席しだしました。私もぎりぎりまで並びましたが残り3分で、こりゃ無理かなととりあえず自分の席に座り、人がいなくなってからスタッフの並ぶ募金箱に、用意してきた500円玉の袋をじゃらじゃらと募金箱に空けました。

神戸のチャリティーショーの報道映像を見て、試合後に会場外等で選手が募金活動をやってくれるのではないかと想像していたので、浅田選手や小塚選手だけでなく、全ての選手の募金箱に少しずつ入れようと思い、500円玉20枚を用意したんですが、1000円札を20枚でないところがビンボー人の限界です。

でも、控え室に掃けていく真央ちゃん、コヅくん、結弦くんを間近に見ることができましたので充分満足できました。

募金コーナーでもらえる選手のメッセージパンフ。チャリティなのでグッズ販売等はありません。

パンフ1
表紙を開くと
パンフ2

そうこうしているうちにオープニングセレモニーが始まりました。

私は今回S席で所謂2階席の比較的前方の列が取れたのですが、アリーナ自体が思ったより小さくて、期待以上にリンクに近く、しかもブロックが選手のリンクエントランスのすぐそばだったので、リンクを出入りする選手たちを手を伸ばせば届きそうな距離に感じることができました。

その上私は知らなかったのですが、なんと当初予定になかった高橋選手織田選手がサプライズゲストとして出場するというではありませんか!!!

これは超サプライズのウルトララッキー!!!豊橋まで来た甲斐があるというものです。これでミキティ以外の世界選手権メンバーが勢ぞろい!!!超豪華で感動しました。これで7,000円は超お買い得でお釣りが出ます。

さて選手がリンクに入り、まず今回の震災による犠牲者のための黙祷が捧げられました。続いて豊橋市の市長さん、そして発起人である小塚選手の挨拶がありました。小塚選手はカミカミでしたが、彼の人柄と誠意は充分以上に観客に伝わったと思います。

続いて演技が始まります。会場内は当然撮影禁止なので、以下の写真はネット上で拾ってきたものです。

【第一部】

酒井春香・宇野昌磨・森衣吹・日野龍樹・佐藤未生・後藤亜由美・木原龍一・大庭雅(敬称略)


若手はあんまり詳しくないのですが、酒井選手、森選手、佐藤選手は皆ジュニアの選手かな。これからが楽しみですね。森選手のビールマンは未来選手ばりで綺麗でした。後藤選手は4回転を練習しているそうです。昌磨君のクリムキン・イーグル、カッコイイ。

日野君の裕次郎、まだちょっとテレがあるね(笑)。木原くんのヤマト、オバちゃん世代的にどストライクです。雅ちゃんのヒョイヒョイジャンプ、相変わらず軽い。オレンジピンクのコスチュームも似合ってました。

【第二部】

羽生結弦・鈴木明子・無良崇人・村上佳菜子・高橋大輔・織田信成・浅田真央・小塚崇彦(敬称略)←興奮して順番ちょっとあやふやです。


羽生選手、今季のSPを披露してくれました。渾身の演技終了後は全員総立ちのスタオベ。前のオバちゃん泣いてました。

あっこちゃん、OPの衣装でウェストサイドのアレンジを踊ってくれました。やっぱりあのステップは圧巻です!!

無良君、3Aカッコよく決まってました。チャームポイントのホクロまで肉眼で見えて感激。

佳菜子選手、ジャンピングジャックのコスチュームは白より今日の黒×ピンク水玉の方がイイと思います。今日はのびのび滑ってました。

チャリティ演技会佳菜子

高橋選手、生マンボが見られるとは思ってなかったのでオバちゃん大興奮です。世戦のピンク衣装が何て悩ましい!こっちのテンションもあがりまくり、捕獲囚監覚悟でリンクまで出て行って踊り狂いたい衝動を抑えるのに必死でした。世選のときよりキレがあったように思います。

チャリティ演技会大輔大王

殿、チャップリンの衣装だと思うんですが曲はスマイル。今日は猫ジャンプも好調でした。世選での度重なるコンボ違反に呆れたものですが、リンクサイドに戻ってきた殿の無邪気な笑顔はやっぱり憎めない…。

チャリティ演技会うっかり八兵衛

そして個人的メインディッシュの浅田選手。世選をテレビで見て衝撃を受けましたが、肉眼でもすっかり痩せてしまったのがよくわかりました。首の後ろの骨がくっきり出てたし、黒バラコスチュームも背中にかなり隙間があったように見えました。

チャリティ演技会真央

しかし演技はしっかり最後まで美しく、ジャンプも全て成功させて滑り切りました。静かなバラードの曲の合間にエッジのシュルシュルという音が聞こえ、臨場感もたっぷり味わえました。全選手の中で一番の歓声が上がったと思います。子供達の「真央ちゃ~ん」コールも相変わらずたくさん(笑)。

チャリティ演技会真央2

最後は小塚選手。帽子をうまく小道具で使い、素晴らしいスケーティングを見せてくれました。最後に今季フリーのステップをアンコールとして披露してくれました。間近で見ると、彼のスケーティングの巧さ、スピード感が際立ってよくわかりますね。

チャリティ演技会プリンス崇彦

そしてフィナーレ。全選手が二人ずつ分かれてそれぞれにジャンプやスピンなど得意技を披露。会場から大きな拍手が湧きました。

チャリティ演技会フィナーレ
(時間からして一回目公演のようです)

その後全選手による観客サービス満点のサンクスラン?も終わり、公演終了のアナウンスが流れ、さて帰ろうかと思ったそのとき「皆さん、これから男子選手による4回転大会が始まります!」と観客驚喜のサプライズマッチが!!!

女子選手達がリンクサイドで見守る中(その背中も見られてオバちゃん2度感激)、男子が張り切って次々にクワドに挑戦!後藤亜由美選手も紅一点で参加しますが、残念ながらクリーンに決められた選手はいませんでした(笑)。

その中で一番惜しいところだったのは無良選手かな。高橋選手は4フリップに挑戦してくれました。両足着氷だったと思いますが、転倒はせず、これも大きな歓声が上がりました。

羽生選手は特別枠(笑)で、3回挑戦しましたが残念ながら全て転倒。予断ですが、静かなところで転倒すると、ドーンと凄い音がします。あれ結構痛いと思います。

2回目は会場から手拍子が起こりました。しかし、本人の「いや、手拍子はいいから」というジョニ子ばりのジェスチャーで会場は大爆笑。残念ながら最後のトライも失敗、なにやら「あ~もう○&△◆◎☆」とブツブツとつぶやいて皆の輪の中に戻りましたが、高橋選手や他の選手からかき氷の洗礼を浴び、これも会場のあったかい笑い声で幕となりました。

ああ、皆仲良くていいなあ。各選手が演技を終えたときも毎回「ハイ、交代!」って感じで次の選手とハイタッチしてるのも微笑ましくて。




会場はショーアップされたアイスショーとは違い、普通の照明の下で簡素に行われましたが、充分以上の満足感と充実感を得られました。

選手たちが精一杯心を込めて演技していたのが伝わったし、観客全員が選手たちの心に寄り添って、全ての選手に惜しみない拍手を送っているのが会場全体の雰囲気でわかりました。ああ、行ってよかった。

今回私は単独観戦でしたが、たまたまお隣に座った東京から来たという可愛らしいおねいさんをナンパして、駅前のカフェで熱く痛くフィギュアの現状について嘆きあい、語り合いました。おねいさん、遅くまでつきあって下さってどうもありがとうございます。ブログのことは何も話しませんでしたが、万が一でもこちらをご覧になって下さっていたら(ないと思うけど)、この場を借りてお礼申し上げたいと思います。

その後キオスクで「手羽先味のご当地じゃがりこ」と「つけてミソ」というミソ味ソース?をキオスクで購入し、私のゴールデンウィークは終わりました。

CIMG5464.jpg


日曜はだらだら寝て過ごします。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

02:59  |   2010~2011-雑感-

世界フィギュアスケート選手権 2011-エキシビション雑感-

2011.05.01 (Sun)

先ほどのエントリー書いててエキシはあまり身を入れて見てなかったんですが(浅田選手出てないし)、今J-スポの録画を見返してて、「藤森さんGJ!」なコメントがありましたのでご紹介。

さて、各選手がいろいろ凝った演出のエキシビションナンバーを披露する中、女子銀メダリストがダラダラと登場。ネット上の画像では見たことがあったものの、テレビで見るとやっぱり不可思議なセンスの衣装です。




洋楽に疎いので全く知りませんが、これが噂の「防弾(検索回避)」とやらなんでしょうかね?とにかくアップテンポのノリノリナンバーが流れる中、何だかよくわからないカクカクした氷上体操?が繰り広げられます。それにしても何なんですかね?あの不貞腐れた表情。見てるだけで不愉快な気持ちになります。

・・・・・・。

なんと表現してよいのやらわかりませんが、会場でも放送でも沈黙が続きます。

妙な間に耐えきれなくなったか実況アナが何とか場をつなぎ、そこで田村氏が「今日は元気がないですね。曲は明るいんですが…」とつぶやいたそのとき!!元ISUジャッジで解説の藤森美恵子さんが一言。


「伝わってこないですね」


続けて仰ったことを、以下にできるだけ正確に記述してみます。


「この曲でせっかくいろいろな振りをしてるんですけども。昨日のフリーのアリランも割に哀愁のある曲の表現のところでちょっと男性的な滑り方をしていたんですよね。

それからジゼルもやはりこうほんとにクラシックバレエを知ってる方だったら、ジゼルのインタープリテイション(曲の解釈の評価)はあまり出したくないっていう雰囲気…それがやはりGOE…ジャンプの効果で非常に高い点を取っちゃったところが…ちょっと…かな…(苦笑)って思います。

やっぱりテクニカルをつけるジャッジパネルとコンポーネンツをつけるジャッジパネルを分けたほうが、より正確な判定ができるような気がします」



地上波フジなら即カット、以後解説からは永久追放必至の真実を口にしてしまいました!!!

藤森さん、GOOOOOD-JOB!!!J-スポにGJメール送らなきゃ。

実は藤森さん、去年のワールドでも投げやりの演技がFS1位に立ったことについて、苦言を呈しておられますが、マスゴミに一言たりとも引用されませんでした。私も先日の代替再放送見るまで知りませんでした。

現在のPCSに対するジャッジングが如何に不当で恣意的であるかということを、フィギュアファンは叫び続けてきましたが、某半島の息がかかったマスゴミによる「専門家のジャッジングは絶対的に正しい!!」キャンペーン強行の前に、臍を噛むしかないのが現状です。

圧倒的に視聴者が多い地上波解説は、おまんまの食い上げを恐れてか、決して真実を伝えようとはしてくれません。

どうせ今度もどこのマスゴミもこんな発言は黙殺するでしょうから、うちのような不人気ブログであっても声を大にして紹介しておきます。そして断言します。

2011年モスクワワールドの女子銀メダリストの

得点は、プロの目から見ても不当かつ異常な

高評価でした!!!



なんてことを言ってるうちに、妙なざわつきとまばらな拍手の中、銀メダリストの演技は終わります。2A2回しか跳んでないのに肩で息してます。

リンクサイドに戻るときも、明らかに不機嫌な顔つきで、もうほんとにイヤな気持ちにさせられます。お金払って入場してきたお客さんはいい面の皮です。私だってJスポESPN追加料金支払ったんですけどね。

去年のワールドのときも思いましたが、自国から遠路はるばるかけつけた彼女のファンも多いでしょうに、そのファンに対してあのクソ演技でお返しですか。私がお隣の半島国民でも二度と応援しようとは思いませんが、あちらの方々はずいぶん寛容と見えますね。

今回は残念ながら浅田選手のエキシは見られなかったけど、安藤選手の渾身のレクイエムが見られただけでもよしとしましょうか。あと、川スミペアの千と千尋、見事にツボに入ってしまい、嗚咽が止まりませんでした。やられた…。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

23:38  |   2010~2011-雑感-

タダモノではない19歳-高橋成美-

2011.05.01 (Sun)

大変ありがたいことに、世界選手権女子の記事について共感と励ましを下さった方が何人もいらっしゃいました。この場を借りてお礼を申し上げます。

私も安藤選手の優勝でちょっと気を取り直したので、これからぼちぼち女子の感想をupしていこうと思います。

さて本題。

2011WORLDMFS5.jpg

今回はペア・アイスダンスをまだじっくり見ていませんし、そもそもシングル以外の競技は正直あまりよくわかりませんので、競技の結果についての記事は後日勉強してからにしておきます。

で、なんでこのタイトルになったかというと、地上波でペアSPが放送された際、高橋成美選手のインタビューが流れたんですね。

今ちょっと確認できないので(エキシ録画中・笑)正確な文言は後から記述しますが、最後に彼女はこう言ったのです。

「でも私たちは自惚れていて、もっと高い点が出ると思っていたんです」

彼女は本当に「自惚れて」いたのでしょうか。私はこれを聞いて、高橋成美選手は非常に頭の良い人であると感心しました。

今、この競技の現状において、ほんの一握りの特別待遇を受けている選手以外は、大変理不尽な状況に置かれていると言わざるを得ません。

特定選手がいくつミスを重ねようと、ノーミスの選手より点が出る怪奇現象は今に始まったことではありませんが、今大会でもそれはあからさまに発動しました。

逆に、なぜこの選手のこの演技でこんな低い点数しか出ないのか。そう首を傾げることも今大会何度もありました。

たかがテレビにかじりついているだけの一般人ですら怒り心頭なのに、努力しても努力しても報われない選手本人の気持ちは察するに余りあります。

なのに選手の気持ちを代弁すべき自国の組織はまったく当てにならず、選手はただただ「頑張ります」としか言えないこの歯がゆさ。

コーチだって言いたいことはたくさんあるだろうに、恐らく口に出して言えば(特定選手をのぞいて)その後の報復はジャッジングに出るであろうことは想像に難くありません。だから収まらない腹の虫を収めて練習に励むしかないんでしょう。

高橋成美選手はまだ若いです。彼女の顔に表れている勝気な(であろう)性格では尚のこと、腹に据えかねることも多かったのではないかと愚考します。

それがこの一言「もっと高い点が出ると思っていたんです」に集約されているのではあるまいかと思うわけです。

しかし彼女の賢いところは、誰も開けなかったパンドラの箱を自爆テロさながらの特攻精神で開けたのではなく、きちんと「私たちは自惚れていて」という一言を添えたこと。これは巧い!

自分たちの点が思ったほど出なかったことについて、「自分たちの自己評価が高すぎたんですよ」というエクスキューズを前面に出しつつ、言うべきことを言葉にする。

なんとクレバーかつスマートなお嬢ちゃんでしょう!ただただ不平を垂れ流す、どこぞの五輪金メダリストに爪の垢でも煎じて飲ませたいですね、もちろん『お前が言うな!』という裏拳を添えて。

私は基本的に出された結果に文句も言わず、黙々と努力を続ける他の選手達の潔い姿に美を感じます。しかし、ここまで無残にその努力を踏みにじるジャッジングが横行する今、どこかで誰かがモノ申さなければいけないとも思います。

この一言は、本来ならスケート連盟が発するべき一言です。選手を守るべきときに何もせず、くだらないイベントに出席しなかったといって『苦言』を呈したりするばかりのスケ連に、いまさら何かを期待するほうが間違っているのかもしれませんが、スケ連、引いてはISUは彼女の発したこの言葉について少しは考えてほしいと思います。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

20:22  |   2010~2011-雑感-
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。